【化学物質管理】「厚生労働省 平成26年度ラベル・SDS活用促進事業」の受託による リスクアセスメント無料訪問指導について


2014年 11月 05日(水曜日)

2014年安衛法改正に伴う、化学物質管理の無料訪問支援のご案内

平成26年6月25日、労働安全衛生法が変わりました。それに伴い、一定のリスクのある化学物質に
ついて、事業者に危険有害性等の調査(リスクアセスメント)が義務化されました。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/anzen/an-eihou/

弊社では平成26年に厚生労働省より、「ラベル・SDS活用促進事業」の受託をいたしました。
そのため、無料で訪問支援できることになりました。

危険有害性のある化学物質を取り扱う事業者には「化学物質のリスクアセスメント」を行うことが
求められています。

会社としてルールを定めているが、つい保護具の着用がおろそかになっている。
環境に良くないと知りつつ、業務効率を優先して、規制対象の物質を使用している。
当社独自の管理を行っているが、間違っていないか。 

化学物質の専門家(中小企業診断士など)が訪問し、リスクアセスメントを行う方法を支援いたします。

 この機会にぜひご利用ください。 

1.費用無料
2.中小規模事業場が対象
3.事業場を訪問しリスクアセスメントの実施方法の支援

お申込み用紙を印刷して、FAXでお申込みください。 

  お申込用紙はこちら

  FAX03-5642-6145

 ご質問や詳細は下記までお問い合わせください。


テクノヒル株式会社  化学物質管理部門
担当窓口:岩本  
TEL03-6231-0133
FAX
03-5642-6145
Mail

このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください