【化学物質管理】労働安全衛生法改正に伴う化学物質管理強化に関するセミナーのご案内


2015年 2月 04日(水曜日)

弊社テクノヒル株式会社は厚生労働省の「平成26年度 ラベル・SDS活用促進事業」の委託を
受けております。

 労働安全衛生法の改正が行われ、平成26年6月25日に公布されました。今回の改正に
おいては、指定されている640物質に関して現在SDSが義務化されていますが、これら
化学物質を使用されている企業に対してリスクアセスメント(有害性調査)を行うことが
義務化されました。施行日については20116年6月までに政省令で決められることとなって
おりますが、すでに努力義務となっておりますので対応が急務となります。
 
 そこで、リスクアセスメントを行うためのコントロールバンディングという手法と
日本化学工業協会が構築したBIGDr(ビッグドクター)のご紹介をさせていただきます。

 化学品を取り扱う企業におかれましては、化学物質のリスクアセスメントの実施のために、
是非ご参加いただき、最新の対応法をご理解いただければ幸いです。

◆セミナー詳細
『化学物質のリスクアセスメントに関するセミナー』
日時:2015年 2月23日(月) 13:30-16:00 (受付開始13:00~)
場所:エッサム神田ホール 3F
    東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2
主催:テクノヒル株式会社
協力:一般社団法人 日本化学工業協会
費用:無料
定員:80名(先着順とさせていただきます。定員になりましたらHPにてご案内します。)

申込方法:お申込み用紙を印刷して、下記までFAXでお申込みください。

セミナー案内・お申込み用紙はこちら
FAX 03-5642-6145

詳細はセミナー案内・お申込み用紙をご覧ください。


お問い合わせ先
窓口担当:浅井朋美
TEL:03-5642-6144