【化学物質管理】台湾既存化学物質追加届出が開始されました


2012年 6月 04日(月曜日)

<台湾既存化学物質追加届出が開始されました>
6月1日から台湾既存化学物質インベントリーへの追加届出が開始されました。
届出期間は6月1日から8月31日までの3ヵ月です。
1993年1月1日から2011年12月31日までの間に、台湾に輸入、または台湾で
製造、処置、使用、販売された物質で、既存化学物質インベントリー(ドラフト)に
収載されていない物質が対象となり、その実績を証明する資料の提出が求められます。
届出は、CSNN(化学物質提報及申報)にある専用の届出ツールを用いて行わなけれ
ばなりませんが、日本のPC環境ではうまく作動せず、資料の添付が出来ないなどの
トラブルが起きています。
弊社では、台湾の代理人、台湾当局(SAHTECH)と緊密に連絡を取り、支障なく
届出ができるよう体制を整えております。
追加届出を考えておられる方、届出作業に困難を生じておられる方は、ぜひ、ご一報
ください。