【化学物質管理】台湾:既存化学物質の追加届出が終了しました


2012年 9月 12日(水曜日)

台湾既存化学物質の追加届出は2012年6月1日から受付を開始し8月31日をもって終了しました。
9月1日の労工委員会発表によると、400社以上から2000物質を超える追加届出がありました。
今後、詳細を審査の上、既存化学物質インベントリーに反映されることになります。

届出をされた方にはNCRO(国家化学物質登録オフィス)からまず受領通知(増補提報収件通知書)が送付され、追加届出条件を満たしているかなど内容に問題がなければ完了通知(増補提報完成通知書)が送られてきます。弊社がご依頼を受けた物質についてはすべて完了通知が届いておりますので、ご安心ください。

労工委員会と環境保護署は、新規化学物質登録制度に向けて部局間協同会議を引き続き開催するとともに、それぞれ労工安全衛生法と毒性化学物質管理法の改正を進めています。