【化学物質管理】台湾:既存化学物質第2次増補届出が受け付けられます


2014年 5月 20日(火曜日)

台湾の毒性化学物質管理法の改正が行われ、20131211日に公布されました。

20141211日から施行されます。詳細な施行令・施行規則は今後発表されますが、
既存化学物質リストに収載されていない物質は、製造・輸入する90日前までに登録する義務があります。
また、既存物質の内、一定数量以上の有毒性物質については、期限を決めて登録義務が課せられます。

 

これまで行われました既存化学物質届出により、暫定版の既存化学物質リストが公表されています。
このリストには、約79,000物質が収載されています。今回、毒性化学物質管理法の制定が遅れた
ことにより、第2次の既存化学物質増補届出が下記の通り受け付けられます。

 

<第2次既存化学物質増補届出の概要>

 

A.届出の受付期間:201461日から731日までの2か月間

 

B.届出ができる物質: 199311日から20111231日の間に台湾国内で製造・輸入実績の
ある物質(これまでと同じです)。

 

C.届出に必要な情報

1)物質のCAS番号

2)物質名(中国語(繁体字)名、英語名(IUPAC名が好ましい)

3)年間量

4)届出者情報

5199311日から20111231日の間に、製造・輸入・使用等の実績があることを証明する資料(インボイス、成分表等)

6)その他注意事項:届出は、一社当たり1回しかできませんので、ご注意ください。

 

なお、2012年以降に、台湾で製造・輸入された物質は新規物質の扱いになりますが、これらの
新規物質を、20141211日後の何時までに登録が必要かについては、まだ明確になっていません。
これまでに入手している情報では、何らかの優遇措置、すなわち、登録までの猶予期間が設けられる
ようです。

 

テクノヒルでは、台湾の提携先と連携して届出・登録の代行業務を受託いたしますので、ご用命を
お待ちしています。

 

お問い合わせ

TEL03-5642-6144
Mail
このメールアドレスは、スパムロボットから保護されています。アドレスを確認するにはJavaScriptを有効にしてください

化学物質管理部門  窓口担当者:岩本