平成28年6月1日施行 労働安全衛生法が改正されました

改正労働安全衛生法が平成28年6月1日から施行され、

 一定の危険有害性のある化学物質(640物質)について

 ①事業場におけるリスクアセスメントが義務づけられました。

 ②譲渡提供時に容器などへのラベル表示が義務づけられました。

詳細についてはこちらのリーフレットをご確認ください。今回の改正内容と対応について説明されています。