台湾、中国、韓国 新規・既存化学物質の登録をワンストップサービスでご支援いたします。

台湾

既存化学物質フェーズ1登録
新規化学物質の登録、届出
GHS対応台湾語SDS、ラベル作成(台湾の法規に準拠します)

2015年9月1日より台湾既存化学物質第一段階登録(フェーズ1)が開始されています。

 台湾既存化学物質インベントリー収載の化学物質で、輸入者ごとの年間数量が100kg以上
の物質すべてが登録対象となります。
 登録に必要な情報は、登録者情報、物質識別情報(CAS No.またはシリアルNo.)、年数量
および用途です。
 弊社では台湾代理人と連携して第1段階登録を代行いたします。

 登録期間は2015年9月1日から2016年3月31日。期限までに登録が完了しなければ、
2016年4月1日以降、当該物質は輸出できなくなりますのでお早めにご相談ください。

中国

新規性調査(中国現有化学物質目録への収載状況確認)
新規化学物質の登録、届出
24時間対応緊急電話の登録
GHS対応中国語SDS、ラベル作成(中国の法規に準拠します)

韓国

化学物質の報告と登録
GHS対応韓国語SDS、ラベル作成(韓国の法規に準拠します)

2015年1月1日にK-REACHが施行され、新たな報告・登録義務が課せられています。

 報告:年間1トン以上の既存化学物質、及び、新規物質については量に関係なく、前年の
実績を6月30日までに報告する必要があります。
 登録:既存化学物質については、3年毎に対象物質が指定公布され、公布3年以内に
登録が必要です。第1段階として、510物質が指定され、2015年7月1日に公布されています。
登録は共同で登録することが求められています。
 新規物質については、量には関係なく製造・輸入前に登録が必要です。

弊社では、これらの手続きの支援をいたします。

お問い合わせは下記までメールまたはお電話でお問い合わせください。

テクノヒル株式会社 化学物質管理部門
メールでのお問い合わせ:

お問い合わせはこちら

TELでのお問い合わせ:  03-6231-0133
E-mail chemical@technohill.co.jp