タイの有害性既存リスト作成のための予備登録に関する実務について

タイのBhumibol Adulydej国王のご逝去を心からお悔やみ申し上げます。

 タイの既存化学物質のインベントリー作成を行うことが昨年、2015年8月26日に
発表となりました。

どのように対応すべきか情報が不明確であったため、10月11日(火)にタイの
工業省工業局Ms.Somsri Suwanjaras部長と面談を行い、実務関係の情報整理を
行いました。

 日本企業としては、現在ある有害性リスト1.1から5.5までに記載のある有害性物質、
および、タイプ1,2,3,4以外で有害性リスト5.6の特性を持ち、年間1t以上タイに
輸入する物質を、今年の12月までに届けることが必要となります。

 弊社は、タイの化学物質管理について以下の通り進めてまいります。

 1.タイの複数のパートナーと連携して状況の把握を継続します。

 2.弊社のお客様には個別で対応。コンサルテーションを継続します。

 個別での対応となりますので、弊社の海外実務でのお客様、セミナーへご参加を
 していただいたお客様を優先させていただきます。
 (単なる届けではなく、各社の混合物組成の開示を含めた秘密保持を前提とした
 作業が予想されるため。)

 なお、タイ在住の当法令の専門のコンサルタントを招き、2016年12月9日に
東京で弊社お客様対応の小規模セミナーを予定しておりますが、上記と同じ
対応とさせていただきますことをご容赦ください。

 
テクノヒル株式会社
代表取締役 鈴木一行

お問合せは下記メールまでお知らせください。
chemical@technohill.co.jp