危険性評価試験

世界各国の化学物質管理が強化され、「化学品の危険有害性分類と表示に関する
世界調和システムGHS」による情報伝達がグローバルに実施されています。
この様な状況の中にありながら、近時の国内においては化学品による
爆発・火災事故が続けて発生しています。

そのため、国際的に義務化されているGHSによるSDS/ラベルには、
化学品、特に混合物の危険性評価(物理化学的性質)が重要となってきています。
危険化学品の輸送のために適確に対応するためにも、
混合物の危険性の試験が必要となっています。

弊社では、危険性評価試験を受け付けております。(提携先にて試験を行います)
詳しくは下記までお問い合わせください。