【放射線管理】食品の放射能を測定できる機器について


2011年 11月 22日(火曜日)

食品中に含まれる微量の放射線を測定するのに適した機器の選択方法について、簡単ですがご紹介します。

基本として、
1.検出器の大きさ: 3インチ×3インチ以上
2.遮蔽体の厚さが十分なこと
3.マルチチャンネルアナライザーのピークより数値を算出するアルゴリズム

以上を踏まえて満足な結果を得られるものとして、以下の2機種をお勧めします。
◆応用光研 FNF401
◆Mirion SPIR-Quanta