英国のBREXITによるORの変更に関するご相談と情報提供

英国のBREXITの交渉がEU-UK間で難航しております。
化学物質管理においても2008年より始まったREACH 登録において、多くの日本企業が英国のORを使いました。
BREXIT交渉の行方によってはOR任命の再検討が必要かもしれません。

 

【相談受付】
各企業様の個別案件に関して、ご相談を無料で受付けます。
(一部有料コンサルティングとなります)

【情報提供】
1.英国のORである“YordasGroup”は、ドイツ別会社を設立し登録業務を開始しました。
  https://www.yordasgroup.com/

2. 英国BREXITの影響について、10月に「欧州化学物質管理 REACH/CLP 最新情報セミナー」にて
  講演頂いたアシャースト法律事務所の岩村浩幸氏が、JETROから委託を受けて作成した
  Brexitの日系企業に対するインパクトを記載したレポートが、JETROのWebsiteで公表されております。
  https://www.jetro.go.jp/world/reports/2018/01/a9bfb87b0bb7cd90.html

3.英国化学工業協会が、REACH規則からの離脱準備の報告書を公開しております。
  https://www.jetro.go.jp/biznews/2018/10/c09d39aa7dd7738a.html

 

ご相談のお申込み、お問合せはこちらまで
テクノヒル株式会社 化学物質管理部門
TEL:03-6231-0133
E-mail:chemical@technohill.co.jp