2019年度 厚生労働省委託事業「第1回 化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション (意見交換会)」(ペーパーレス)を開催します

2019年度 厚生労働省委託事業「第1回 化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション (意見交換会)」

 厚生労働省では、労働現場で使用されている様々な化学物質による健康障害を防止するため、平成18年度よりリスク評価を行い、その結果をもとに必要な措置を講じてきました。

 今年度のリスク評価においては、「アセチルサリチル酸 (別名アスピリン)」「塩化ホスホリル」「2-クロロフェノール」「メタクリル酸メチル」等についてリスク評価を進めているほか、発がんのおそれがあると評価された「アクリル酸メチル」及び「アクロレイン」の2物質のがん原性指針への追加を検討しています。

 また、新規化学物質の届出の際に実施していただいている有害性の調査のうち、変異原性試験を実施する際の基準について、取扱いが不明瞭となっていた部分の明確化を図っていくことを検討しています。

 厚生労働省では、これらのリスク評価の考え方、がん原性指針対象物質の追加、変異原性試験に係る基準等につきまして、行政検討会のメンバー、厚生労働省担当官と、労働現場において化学物質に係る方々や広く一般の方々のご参集により意見交換会を行うことといたしました。

 

 なお、厚生労働省においては、審議会などペーパーレス化を推進しており、「第1回/化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション」につきまして、ペーパーレスでの開催とさせていただきたく存じます。
 ※当該資料の配布はございませんので、あらかじめご了承ください。

 下記【聴講に当たって】をお目通しの上、お申込み、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

 

【資料】
 資料は下記厚生労働省ホームページに掲載しております。
 ▮ 令和元年度 化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション (意見交換会) (第1回)資料
   https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_07766.html

【リーフレット】
 ▮ 第1回 化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション (意見交換会)

【議事次第】
 ▮ 化学物質のリスク評価結果と健康障害防⽌措置に関する意⾒交換会 議事次第 (スケジュール)
 ・ リスク評価の結果について
 ・ がん原性指針対象物質の追加、変異原性試験の基準の一部改訂等について
 ・ 参加者との意見交換会

【参加費】 無 料

参加をご希望の方は、下表「申込みフォーム」よりお申込みください。

  日時 開催場所 定員 募集
状況
申込み
フォーム

第1回
東京

2019年12月5日 (木)
13:30~16:30
(受付13:00~)

エッサム神田ホール1号館 2F 多目的ホール
東京都千代田区神田鍛冶町3丁目2-2
>> 地図・アクセス

100名 終了

締切
ました

【聴講に当たって】
 聴講に当たっては、下記ご対応をお願いいたします。
 ●お持ちのタブレット、携帯端末などに資料を保存の上、当日ご持参いただく
 ●厚生労働省ホームページに掲載されている資料を閲覧いただく

 なお、会場内にはご利用いただける無線LANのアクセスポイントはございませんので、会場から厚生労働省ホームページ掲載の資料を閲覧される場合には、聴講者様ご自身で通信環境をご用意していただくようお願いいたします。
 ※当該資料の配布はございませんので、あらかじめご了承ください。

【お問合せ】
厚生労働省委託事業「職場における化学物質のリスク評価推進事業 (有害性評価書作成等)」事務局

テクノヒル株式会社
TEL:03-5642-6144 E-mail:chemical@technohill.co.jp
※個人情報は、ご本人の許可なく本講習会に関する連絡以外には使用いたしません。

【このページに関連するページ】
令和元年度 化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション (意見交換会) (第1回)
第2回および第3回 化学物質のリスク評価に係るリスクコミュニケーション (意見交換会)